新電力とは何か?新電力のメリット・デメリット

what is shin-denryoku

「新電力」という言葉を耳にした事はあるでしょうか?新電力というワードを聞き慣れない方のほうが多いかと思います。新電力は上手く会社を見極める事で、お家の毎月の固定費を削減することが出来ます。今回は新電力とは一体何なのか、を詳しく解説していきます。

Sponsored Link

新電力とは

2016年4月1日以降、電気の小売事業への新規参入が全面自由化されました。電力自由化に伴って、電気会社、料金メニューを自由に変更できるようになり、顧客は自身の利用用途や、使用環境によって最適な電気会社、料金プランを選ぶことでき、電気料金の削減が出来るようになりました。全国を10カ所の供給区域に分けた各地域電力会社(東京電力や関西電力等)以外の電力会社を新電力事業者と呼ぶようになりました。

電力自由化の背景

2016年4月以前は地域電力会社が電気の発電から小売までを独占していました。地域電力会社では、電気の安定供給を行うことを目的に経済産業省により電気料金の認可性が取られおり、結果として一般家庭や事業者は地域電力から決められた電気料金での電力供給しか受けることが出来ない、いわば独占のような状況が続いていました。

そこで、先に述べた2016年4月1日以降、新規の電力小売事業者が事業参入できるよう法整備を行い、電力市場の競争を促すことで、コスト削減が実現し、電気料金の削減が可能となりました。法整備の甲斐もあり今まで電力事業とは無縁だった、通信業や旅行業、金融業など異業種からの参入が相次ぐ形となりました。

Sponsored Link

新電力の安全性

新電力事業者はあくまで電力の小売事業を行っており、電気の発電や送電は今まで通り地域電力会社が行います。つまり新電力へ電気契約を切り替えたとしても電気の品質や安定供給は影響を受ける事はありません。新電力事業者はあくまで電気を仕入れ、顧客に電気を売る事を目的としており、料金プランのみが既存の地域電力会社のプランから変更になります。

新電力の分類

新電力事業者を大きく分けると「市場連動型プラン」と「市場連動型でないプラン」を提供している事業者が存在します。市場連動型ではないプランは既存の地域電力会社のような、事前に電気料金単価が確定しているプランです。一部新電力では市場連動型プランでないとしながら燃料調整費等の名目で価格が変動するプランも存在します。市場連動型プランについては電力自由化後に登場した新プランですので詳しく解説していきます。

市場連動型プラン

市場連動型プランとは日本卸電力取引所(JPEX)の取引価格に連動して電気料金が決定します。東京証券取引上で毎日株価が変動するように、電力価格も取引所で24時間、日々変動しています。

市場連動型プランのメリット

電力価格は市場価格に連動するため、電力単価が安い時は電気代を安く抑えられます。電力価格は電力需要の多い日中に電力単価が上昇する傾向にあり、電力需要が下がる深夜帯は電力単価が減少する傾向にあります。深夜帯の使用が主に見込まれる場合は電力単価を安く抑えることが出来るでしょう。

市場連動型プランのデメリット

市場連動型プランの最大のデメリットは市場価格に連動して電力価格が高騰することです。電力価格は市場価格に連動するため事前に需要家(電気を使う人)は電力単価を把握することが困難です。実際の料金は毎月届く電気明細を見て初めて電気代が分かる形になります。特に電力需要が高まる冬は電力価格が高騰する傾向が高く、直近では2020年度の1kWh平均価格11.8円に対して2021年1月13日に最大1kWhあたり251円まで高騰し、実に2020年度平均価格の約21倍まで高騰しました。市場連動型プランを取り入れている新電力は電力高騰分を需要家の電気料金へ転嫁し、一時電気代が高騰しました。

新電力のメリット

  • 毎月の電気代が下がる
  • 新電力事業者独自の特典を受けられる

毎月の電気代が下がる

新電力事業者は電力自由化の市場競争により他社よりも電力価格を少しでも下げようと努力しています。そのため地域電力会社から新電力に乗り換えた場合は毎月の電気代が下がることがほとんどです。電気代の下げ方は、電気の基本料が下がったり、使えば使うほど電気代がお得になったり等、各新電力事業者がプランを設定しています。

新電力事業者独自の特典を受けられる

新電力は様々な異業種が参入してきており、新電力事業者独自の特典を受けられます。例えば携帯電話の会社が提供している新電力は電気と携帯をセットにすることで独自のポイントが受け取れたり、金融系から参入した事業者では電気利用料金の一部を暗号通貨でキャッシュバックしていたりします。自身の環境に合わせた新電力を選ぶ事でよりお得に電気を使うことが出来るのも特徴です。

新電力を契約する時に気を付けたいこと

新電力を契約する時に気を付ける事をまとめました。

  • 電気代が高くなる可能性がある
  • 支払方法が限定される場合がある
  • 検針票は有料になることがある
  • 違約金を設定している新電力がある

電気代が高くなる可能性がある

新電力に契約する際はまずご自身の検針票を確認することから始めましょう。新電力の中には一人暮らしのような電気をあまり使わない人では電気代が逆に高くなったり、市場連動型プランにより高額な電気代請求が発生する場合があります。必ず電気料金の見積もりを新電力事業者に出してもらい契約を進めるようにしましょう。

支払方法が限定される場合がある

地域電力会社では振込表でのコンビニ払い、口座振替、クレジットカード払いを選択できましたが、新電力ではクレジットカードのみの支払いだったり、コンビニ払いに対応していないことがほとんどです。新電力契約前に電気代の支払い方法を確認するようにしましょう。

検針票は有料になることがある

地域電力会社では毎月検診票を紙で発行し需要家へ郵送していましたが、新電力では基本的に紙での検針票発行は行っておらず、Webのマイページ上で確認することがほとんどです。もし紙での検針票を希望する場合は毎月数百円を追加で支払って取り寄せる必要があります。

違約金を設定している新電力がある

新電力の中には契約期間を設定する代わりに電気代を下げる事業者がいます。契約更新月以外で解約すると解約金が発生する場合がありますので、新電力契約前に契約期間を設けているのか、違約金を設定しているのかは必ず確認するようにしましょう。

まとめ

新電力は大きなメリットを得られる場合もあれば、大きなデメリットを生む可能性も秘めています。契約前には必ずご自身の検針票を確認し、新電力の契約内容を必ず確認するようにしましょう。電力自由化が始まってから時間が経ち、新電力事業者も増え、新電力の選択肢が多くなりました。ご自身の環境に合う新電力を選び、よりお得に電気を利用しましょう。

Sponsored Link
whta is shin-denryoku
最新情報をチェックしよう!