楽天モバイルに乗り換えてみて分かったメリット・デメリット

テレビCMでよく流れる楽天モバイルって実際どうなのか。月額利用料が安いイメージを持たれている方は多いと思いますが、安かろう悪かろうでは意味がありません。この記事では私が楽天モバイルに乗り換えた実体験に基づいてメリット・デメリットをご紹介していきます。まずは基本的なスペックから見ていきます。

rakuten-mobile merit/demerit
Sponsored Link

楽天モバイルスペック

月額料金

楽天モバイルの月額料金は至ってシンプルな設計になっています。

月間データ使用量1契約目月額料金(税込)
1GB未満0円
1GB~3GB未満1,078円
3GB~20GB未満2,178円
20GB以上3,278円

月額基本料の設定はこれだけです。

いわゆる3第通信キャリアのドコモ、au、ソフトバンクでは携帯電話のプランが非常に分かりづらい!と、ちょくちょく問題になることがありました。楽天モバイルでは細かな月額料金の設定は排除し、誰が見ても分かりやすいに料金設定になっています。

Sponsored Link

通話料、データの使用量上限は?

音声通話は楽天モバイルの通話アプリ「Rakuten Link」をスマホにダウンロードして利用します。Rakuten Linkを利用して電話すると通話料は無料になります。

Rakuten Link app

データの使用量上限については、データ無制限となります。楽天の電波が受信できない一部エリアではauの回線を借りて、月5GBまでの通信が可能です。データを使いすぎる場合は、楽天モバイル管理アプリの「my楽天モバイルアプリ」で低速モードにすればほとんどデータを消費せず利用ができます。ちなみに低速モードでも下り最大1MbpsとなるのでLINEやwebブラウザは問題なく利用でき、youtubeはたまに止まるくらいで観れなくはないという状態です。

まとめると、最大月額基本料3,278円で通話し放題データ使い放題というスペックになっています。

楽天モバイルではデータ使用量でのみ月額基本料金が決まっているため、1GB未満の月間使用量であれば携帯代を無料に抑える事ができます。また、電話を掛ける事が多い方にとってもデータ通信量が1GB未満であれば、無料で電話かけ放題ということになります。電話専用で楽天モバイルを契約するのであれば、データ通信はほとんど発生しませんので無料で電話かけ放題の携帯電話を持つことが出来ます。

実際に使ってみて分かったメリット・デメリット

私の利用環境

現在、私は楽天モバイル2台持ちです。

スマホ詳細

  • iPhone 12 Pro Max(メイン機)2契約目
  • Galaxy A7(サブ機)1契約目

メイン機のiPhone 12 Pro Maxは主にデータ通信で利用しており、電話番号はプライベートで利用しています。

サブ機のGalaxy A7は主に音声通話での利用のみで、仕事関連の電話で利用しています。

メインでは主にデータ通信を行うため、月間データ使用量は20GBを超えていますが、サブでは音声通話だけなので、月間データ使用量は1GBを超えることはありません。

スマホ本体代を除いた毎月のスマホ代は以下の通りです。

 月額利用料(税込)
iPhone 12 Pro Max3,278円
Galaxy A70円
合計3,278円

1契約目は0~1GB未満の利用の場合0円となりますが、2代目契約以降は0~3GB未満は月額が1,078円となりますので契約の順番には注意が必要です。私の場合、1契約目は電話番号欲しさに契約し、その後2契約目はソフトバンクから乗り換えました。

それではメリットから説明していきます。

楽天モバイルのメリット

  • とにかく月額料金が安い
  • データ無制限で使える
  • 電話かけ放題が標準装備
  • テザリングが無料
  • 楽天ポイント還元が受けられる
  • キャンペーンが豊富

月額料金の安さ、データ無制限、電話かけ放題については先に解説した通りです。その他特筆すべきメリットがありますので解説します。

とにかく月額料金が安い

他社携帯キャリアのデータ無制限プランと月額料金を比較してみます。

携帯キャリア楽天モバイルドコモauソフトバンク
プラン名Rakuten UN-LIMIT VI5Gギガホ プレミア使い放題5G/4Gメリハリ無制限
月額料金(税込)3,278円7,315円7,238円7,238円

同じデータ無制限プランであっても楽天モバイルは他社比較で4,000円程度月額料金が安いことが分かります。ちなみに全プラン5Gが利用可能なプランです。

データ無制限で使える

繰り返しお伝えしている通り、楽天モバイルはデータが無制限です。他社プランで月額料金を抑えるために20GBのデータプランに申し込んだけど、結局20GBをオーバーして追加課金した…ということがあると、せっかく月額料金を下げる為に20GBに申し込んだのに本末転倒です。楽天モバイルではデータ無制限で使えますのでデータ使用量を気にする必要はありません。

通話かけ放題が標準装備

他社携帯キャリアの通話かけ放題プランと月額料金を比較してみます。

携帯キャリア楽天モバイルドコモauソフトバンク
プラン名Rakuten UN-LIMIT VIかけ放題オプション通話定額2定額オプション+
月額料金(税込)0円1,870円1,980円1,980円

楽天モバイルではRakutenLinkを利用した音声通話はかけ放題が無料となります。対して他社では2,000円前後毎月月額料金がかかります。

テザリングが無料

テザリングとは簡単に言うとお持ちのスマホをWi-Fiルーター化する機能です。私の場合外でPCを使うので、通信は楽天モバイルのテザリングを使用しています。楽天モバイルの場合は通信制限なしのポケットモバイルを持ち運ぶことと同じです。

楽天ポイント還元が受けられる

楽天モバイルは言わずと知れた楽天市場のグループになるため、楽天モバイルを契約すると楽天市場での利用で楽天ポイント獲得が+1倍になります。また、楽天モバイルに申し込んでかつ、楽天モバイルで端末を購入すると端末代を楽天ポイントで還元し、端末代実質1円のキャンペーンも開催中です。

キャンペーンが豊富

楽天モバイルはとにかくキャンペーンが豊富です。携帯端末代実質1円もかなりお得なのですが、楽天では契約開始から3ヵ月間の月額料金を無料にしています。さらに楽天の光回線である『楽天ひかり』を同時に申し込むと楽天ひかりの月額基本料1年間無料+工事費無料のキャンペーンを展開しています。楽天にしか出来ない割引や無料キャンペーンが豊富に揃っています。

それでは次にデメリットについて説明します。

楽天モバイルのデメリット

  • 【iPhoneの場合】電話アプリの使い分けが複雑
  • 【iPhone/Android共通】SMS送受信は有料になる可能性がある
  • 【iPhone/Android共通】着信通知がこないことがある
  • 【iPhone/Android共通】通話が途切れることが稀にある
  • 楽天モバイルエリア内でなければデータ無制限にはならない

【iPhoneの場合】電話アプリの使い分けが複雑

通話相手が固定電話かRakutenLinkアプリを使っていない場合、着信はiOS標準電話アプリに入ります。そのため折り返しをするにはRakutenLinkアプリを使用しないと通話が無料になりません。相手から電話がかかって来て電話に出る分は無料です。

【iPhone/Android共通】SMS送信は有料になる可能性がある

相手がRakutenLinkアプリを利用していない場合、SMSの受信はiOS/Android標準メッセージアプリに受信します。この場合標準メッセージアプリを使って返信する形になりますが、標準メッセージアプリからの送信は有料になります。なお受信は無料です。いろいろ試してみましたが、自分から初めて送るSMSに関してはRakutenLinkからの送信になるので、その後も相手からの返信はRakutenLinkへ届きました。この場合RakutenLinkでのやり取りになるのでSMSは無料になります。

標準メッセージアプリを使って日本から日本の電話番号へSMSを送信する場合日本でSMSを受信する
3.3円(税込)/70文字(全角)無料

【iPhone/Android共通】着信通知がこないことがある

着信しても着信音が鳴らない場合や、ロック画面に通知が残らない場合があります。これは携帯の「おやすみモード」や「サイレントモード」を解除することで改善できます。このデメリットはすぐに解消できそうです。

通話が途切れる事が稀にある

RakutenLinkからの受発信はインターネット電話なので、通信環境が悪いと稀に電話が途切れる事があります。通話画面には現在の通話の通信状況がどうなのか表示されます。他社携帯キャリアでも通話が途切れる事はありますが、楽天モバイルは他社よりも体感で少し電話途切れが多いという印象を受けます。

楽天モバイルエリア内でなければデータ無制限にはならない

楽天モバイルのエリア内であればデータ通信無制限となりますが、楽天の電波が入らない場合は先でも説明しましたがauの電波を借りてデータ通信を行います。au電波でのデータ通信は5GBまでしか行えませんが、データ量を追加購入することも可能です。また、楽天モバイルは1日のデータ使用量が10GBを超えると上り下り最大3Mbpsの通信制限が発生します。なお、翌日には通信制限が解除になります。youtubeの480p画質だと1GBあたり約2時間半視聴できますので一日中youtubeを観ても10GBに達しないので、1日10GB制限は気にする必要はないと思います。

まとめ

楽天モバイルは他社と比較しても料金がかなり低く抑えられており、データを大量に使う人、通話を沢山する人のニーズを満たした携帯キャリアでした。ただ、楽天モバイルは新興の携帯キャリアであり、まだまだ品質面では他社に劣っています。今後のアップデート次第では期待できる携帯キャリアです。メイン機を楽天に変えるのは不安…という方は、楽天モバイルをサブ機としてデータ通信をメインに利用するのもアリかと思います。その分メイン機のデータ量を下げれば携帯代がトータルで安くなる可能性もあります。楽天モバイルは最初の3ヵ月は無料で使えて解約金もないので試しに使ってみるのも良いかもしれませんね。携帯端末は楽天でも購入できますが安い中古スマホを購入して使うと初期費用も抑えられるかもしれません。中古スマホについても解説いますので確認してみてください。

スマホを買うなら中古iPhoneをおススメする理由


Sponsored Link
rakuten-mobile merit/demerit
最新情報をチェックしよう!