フレッツ光と光コラボの違いとは?転用で光コラボ化

internet service provider

『NTT フレッツ光』は、かなりの方が一度は耳にした事のあるワードだと思います。しかし、『光コラボ』は、ほとんど耳にしたことがないワードかと思います。今回は光コラボとは何なのかを詳しく解説していきます。

Sponsored Link

『NTT フレッツ光』とは

フレッツ光はNTT東西が提供する光インターネットサービスの事を指します。長らくNTTが独占的に光回線を提供していた過去があるため、光回線といえばフレッツ光と、思われる方も多いと思います。フレッツ光はほぼ全ての日本国内で利用することが出来る光回線となっています。(現在もフレッツ光新規開局工事は進んでいます)

そもそも光回線を利用するには?

どのインターネットサービスを利用するにも、回線網の利用契約と、プロバイダ契約の2契約が必要になります。フレッツ光ではフレッツ光回線契約とプロバイダ契約が必要でした。プロバイダはインターネットサービスプロバイダ(頭文字を取って”ISP“)と言い、インターネット接続を提供している会社になります。

主なプロバイダ

  • Yahoo
  • BIGLOBE
  • So-net
  • OCN
  • ぷらら   等

Yahooはよく聞いたことのある名前かと思いますが、こちらもプロバイダの1つとなります。

Sponsored Link

光コラボとは

正式名称を『光コラボレーションモデル』と呼び、2015年2月1日より提供開始されたサービスモデルです。長らく、NTTが独占してフレッツ光を提供しており、当時は「光回線を使うならNTT」と言うような独占的な状態でした。(実際には他にも光回線は存在しました。)そこで、広く光回線を利用してもらうという目的で、NTTが他社にフレッツ光回線を卸売りしたことで光コラボが誕生しました。

代表的な光コラボレーションモデル

  • ソフトバンク光
  • ドコモ光
  • BIGLOBE光
  • So-net光
  • ぷらら光    等

それでは光コラボレーションモデルのメリットについて解説していきます。

光コラボのメリットまとめ

  • プロバイダが一括契約できる
  • 問い合わせ先が一括される
  • フレッツ光と同じ品質である
  • プロバイダ独自の特典、割引が受けられる
  • 光コラボ事業者独自のサービスが受けられる
  • 月額料金が安くなる可能性がある

フレッツ光では回線網利用契約と、プロバイダ契約の2契約が必要と説明しましたが、光コラボの場合は1契約で済みます。フレッツ光ではトラブルが発生した際にNTTへの問い合わせと、プロバイダへの2箇所に連絡する必要がありました。また月額利用料の請求元もNTTとプロバイダの2箇所となり、ややこしい状況でした。光コラボではプロバイダ契約が標準で組み込まれており、1契約で済む形となりました。

光コラボはフレッツ光回線網の卸売りであり、フレッツ光とスペックが変わりません。そのため品質の高い光インターネットサービスが受けられます。

光コラボ1番のメリット

1番のメリットはフレッツ光にはなかった、プロバイダ独自の特典や、割引を受けられることにあります。例えば携帯の通信キャリアに応じて携帯代が割引になったり、キャッシュバックがあったりと様々です。このような特典や割引、プロバイダの一括契約により月額料金が大幅に下がる可能性があります。

割引が受けられる代表的な光コラボ

ソフトバンク光

ソフトバンクの携帯1台につき、最大1,100円の携帯代割引が最大10台分まで毎月受けられます。

ドコモ光

ドコモの携帯1台につき、最大1,100円の携帯代割引が最大20台分まで毎月受けられます。

BIGLOBE光

auの携帯1台につき、最大1,200円までBIGLOBE光代から毎月割引くか、最大1,100円の携帯代割引が最大10台分まで毎月受けられます。auひかりの提供エリア外でauの割引を受けたいときに、1つの選択肢として検討出来るかと思います。

このように同一携帯キャリアの家族であれば、実質、光回線代を無料にすることが出来るのです!光コラボの割引を駆使して毎月の通信費カットも可能ですね!

ソフトバンク光については『ソフトバンクのスマホで割引!安くWi-Fiを使う方法』でまとめていますので、併せて確認ください。

フレッツ光から光コラボへ切り替える方法

フレッツ光から光コラボへ切り替えるには『転用』という手続きを行うことで可能となります。

転用とは

転用は新たに光回線の工事をせず、すでに利用しているフレッツ光をそのまま光コラボに変更する手続きのことを指します。NTTから『転用承諾番号』という番号を取得して、希望の光コラボ先事業者に提出することで、光コラボ化することが出来ます。現在フレッツ光を利用しておらず、新たに工事して光コラボを導入したい場合は、光コラボを直接事業者へ申し込めば導入可能です。

まとめ

今回、フレッツ光と光コラボの違い、転用について解説しましたが、フレッツ光から光コラボ化することで、ユーザーとしてはかなりの恩恵を受けられることが分かりました。携帯割引やキャッシュバックを受けたい方は光コラボへの移行をおススメします。光コラボユーザーの中には所有している携帯の携帯キャリアと、光コラボがズレていて、割引を受けられていないケースもあります。今一度ご自身の状況も確認してみてください。

Sponsored Link
internet service provider
最新情報をチェックしよう!